朱稲穂 究極のレンゲ

遠く古代人が食べていた野生稲の大部分が赤米で、米のルーツとも考えられています。
数千年前に繰り返されていた幻想的な風景を思い浮かべながら意匠化してみました。


・全長:150mm - 160mm
・しん窯


<< 究極のラーメン鉢の全ラインナップはこちら
型番 R2122
販売価格 2,200円(税込)
購入数


RAHMEN BOWL

ご家庭でラーメンを美味しく

ZEPHYR

本格的なレストラン食器

ZOA

伝統を受け継ぐ

PORCHETTO

しずく型のディッププレート

UTSUÀ

有田焼の新しい形

BUNSEI

赤絵の魅力を今に伝える

TAKUMI NO KURA

伝統の技術を日常に

KUNIEDA

テーブルをコーディネートする

SQUARE

伝統とモダンの絵柄の競演

FUKUSEN

繊細で美しい絵付け

SOUTA

和モダンな有田焼

Top