究極のラーメン鉢「金魚」

究極のラーメン鉢【 UP&COMING ARITA PROJECT 】
誕生以来15年に及ぶロングセラー商品、究極のラーメン鉢。これまでに300種類以上ものデザインを作り出して来ました。
2016年に有田焼創業400年を迎えた有田では、若い世代の職人たちが伝統を踏襲しつつ日々新しいモノづくりに取り組んでいます。

究極のラーメン鉢窯元にも、次の有田焼を担う有能な職人たちが多く育ってきています。
そこで、これまでにない新しい取り組みとして、20〜30代を中心とした若い職人たちに、
伝統にとらわれず自由な発想でラーメン鉢のデザインに挑戦してもらいました。

UP & COMINGは将来有望、新進気鋭というような意味をもちます。
400年の伝統に裏打ちされた究極の形を、16名の若手職人のイマジネーションが彩ります。
これからの有田焼の可能性を感じながらお楽しみください。


・口径180mm×高80mm
・手描き
・電子レンジ可
・錦右衛門陶苑

この製品は上絵付の手法で絵付けをしております。
お買上げ時の状態をより永く保つために、なるべく手洗いされることをお勧めいたします。


<< 究極のラーメン鉢の全ラインナップはこちら

RAHMEN BOWL

ご家庭でラーメンを美味しく

ZEPHYR

本格的なレストラン食器

ZOA

伝統を受け継ぐ

PORCHETTO

しずく型のディッププレート

BUNSEI

赤絵の魅力を今に伝える

TAKUMI NO KURA

伝統の技術を日常に

KUNIEDA

テーブルをコーディネートする

SQUARE

伝統とモダンの絵柄の競演

FUKUSEN

繊細で美しい絵付け

SOUTA

和モダンな有田焼

"UTSUÀ" 新たな有田焼の形


まるぶん&デザイナーによるコラボレーションから生まれた、新ブランドになります。
側面にあるしのぎの彫り込みが、美しい陰影を映し出し、シンプルかつ繊細な商品に仕上がりました。
8月中旬から販売開始を予定しております。

"UTSUA"
新たな有田焼の形

Top