金魚 究極のラーメン鉢

金魚 究極のラーメン鉢

ラーメン鉢というと、暖色系や黒いイメージがあったため、水槽の中でのんびりと泳ぐ金魚を描き、寒色系の配色にして、清涼感と柔らかさが出る作品に仕上げました。

【 UP&COMING ARITA PROJECT 】
究極のラーメン鉢窯元にも、次の有田焼を担う有能な職人たちが多く育ってきています。
そこで、これまでにない新しい取り組みとして、20〜30代を中心とした若い職人たちに、伝統にとらわれず自由な発想でラーメン鉢のデザインに挑戦してもらいました。


・口径180mm×高80mm
・手描き
・電子レンジ可
・錦右衛門陶苑

この製品は上絵付の手法で絵付けをしております。
お買上げ時の状態をより永く保つために、なるべく手洗いされることをお勧めいたします。


<< 究極のラーメン鉢の全ラインナップはこちら
型番 R0293
販売価格 4,730円(税込)
購入数


RAHMEN BOWL

ご家庭でラーメンを美味しく

ZEPHYR

本格的なレストラン食器

ZOA

伝統を受け継ぐ

PORCHETTO

しずく型のディッププレート

UTSUA

有田焼の新しい形

Mutant

光と影のコントラスト

BUNSEI

赤絵の魅力を今に伝える

KUNIEDA

テーブルをコーディネートする

TAKUMI NO KURA

伝統の技術を日常に

SQUARE

伝統とモダンの絵柄の競演

Top