究極のラーメン鉢「蒔絵おしどり」

蒔絵おしどりの究極のラーメン鉢です。
豪華さの頂点、漆の蒔絵技法を磁器にて表現しました。金の厚みを増す為に、何度も窯入れして重厚感を出しました。
藩窯有田の技術が丼料理をたちどころに献上品へと変身させることでしょう。大切なご家族にとっておきの丼鉢として如何でしょうか?
ラーメンはもちろん他の料理にもご利用いただけます。


・口径180mm×高80mm
・転写/上絵具=無鉛上絵具
・電子レンジ不可
・幸楽窯(徳永隆信)


この製品は上絵付の手法で絵付けをしております。
お買上げ時の状態をより永く保つために、なるべく手洗いされることをお勧めいたします。


<< 究極のラーメン鉢の全ラインナップはこちら

RAHMEN BOWL

ご家庭でラーメンを美味しく

ZEPHYR

本格的なレストラン食器

ZOA

伝統を受け継ぐ

PORCHETTO

しずく型のディッププレート

UTSUÀ

有田焼の新しい形

BUNSEI

赤絵の魅力を今に伝える

TAKUMI NO KURA

伝統の技術を日常に

KUNIEDA

テーブルをコーディネートする

SQUARE

伝統とモダンの絵柄の競演

FUKUSEN

繊細で美しい絵付け

SOUTA

和モダンな有田焼

Top